◆わが店の猫たち◆


ラン。1995年夏生まれ。メス。とても2枚目。
跳躍力に優れ、高さ2メートル20センチくらい
ある玄関の下駄箱の上に、助走なしで駆け
上ったことがある。降りられなくなって、泣き出し、
かごを差しだしておろしてあげたのだけど……。

2012年7月7日、七夕の星となって昇天。享年17。
1年ほど前に腎臓病が発覚、治療食を食べてがんばってきたが、
急激に衰弱し、入院した翌日、命つきた。
心地よい場所を見つける天才で、
ランが今いるところが家の中で一番気持ちのよい場所なのだった。
人の心や感情をよく察知する、かわいくて優しい猫だった。


クイタ。1996年10月生まれ。オス。長毛種メインクーンの
混血らしい。ブラッシングされるのが大好きで、
自ら要求する。3匹の中ではいちばん体格が大きいが、
いちばん気が優しい。

2014年4月10日、永眠。享年17。亡くなる1か月ほど前に、呼吸が苦しそうになり、
病院の高酸素室に4日間入り、退院して自宅でも同様の高酸素のケージに入って治療、
それが功を奏して呼吸不全は解消。食欲も上向いてきていたが、突然失明して、その十日後に昇天。
失明しても乱れることなく、みごとに最期を過ごした。強い猫だった。


チビタ。1998年夏生まれ。オス。高い場所、
飛び上がることがひどく苦手。それでも猫か、という声も
聞こえそうだけど、でもいいんだ、ボクはボクだもん。
裏付けのない自信を持って、我が道を行く。

2009年11月7日永眠。享年11。クルマに轢かれ、自力で家に戻ってきて、ウンコを済ませてから
大きな声で泣き出し、見ると両足血だらけ。慌てて病院に運び、1週間がんばったが力尽きた。
無邪気にして無垢、果物の大好きな猫だった。




ミミィ。2012年7月生まれ。オス。青梅の猫ボランティアさんに保護され、
同じ仲間のてんてんさんの仲介でわが家に。
体色は黒ではなくふしぎなチョコレート色をしている。
これまでの4匹の中で、いちばんの暴れん坊。
元気あふれかえって家中を走り回っている。



あゆ。2014年4月生まれ。オス。ミミィと同じく、てんてんさんの仲介でわが家にやってきた。
とても人なつっこく、ミミィを上回る元気さで、小さい身体ながら、ひるむことなくミミィと取っ組み合っている。
やんちゃさも抜群で、危ないという感覚がほとんどなく、家中を走り回って探検している。


★猫たちの話★


大きな蝶をつかまえてきたクイタ。さっそくチビタがボクにも見せてと近づいて来る。
「この蝶々、おいしそう」
「ボクが捕まえてきたんだ」
「猫の本の目録、作るって。いつできるんだろうね」




「猫だもん、眠るに限るよね」
「ムニムニユ……」




新参者ですが、遠慮しませんので、クイタ兄ちゃん宜しくね。
と言いながら、一日中クイタを追い回しているミミィ。




夏の午後、のびのびと昼寝するあゆ。
むーん、てんごく、てんごく。





トップページへ戻る